【税理士試験】簿記論は難しい?働きながら短期間で本試験レベルまでもっていく具体的方法。第3問での取捨選択がポイント。

令和になってはじめての税理士試験も直前に迫ってきました。私も受験するのですが今年は財務諸表論のみの受験で、昨年簿記論に合格しているため、計算はスムーズにいっています。理論については不安なところがありますが、いつも通り多くの教材に手を出すことはせずに1つの教材を繰り返し反復して知識の定着を図っています。 

私は入社以来、経理として働いています。会社に入った時は貸借もロクにわからなかったところから、日商簿記2級、日商簿記1級、そして昨年税理士試験の簿記論に短期間で1発合格しました。その時の記事はこちら。合格通知を受け取った嬉しさの勢いで書いたので、ところどころ文章が変ですね。ご愛嬌と言うことで…。

【祝!】税理士試験の簿記論に実質3カ月で一発合格しました!!

世の中には税理士も会計士もごまんと居ますが、我ながらずいぶん遠くまで来たものだとしみじみ。せっかくなので税理士まで取得してやろうと思います。

さて私の会社では数名が税理士試験に挑戦しており、今年簿記論を受験する同僚もいます。

簿記論と財務諸表論の会計2科目は税理士試験でも最初に受験する方が多く、簿記2級を取得後に受験する方も多いようです。

難易度としては日商簿記1級と同程度と言われ、合格率も10%程度と同じくらいですが、簿記1級にはある工業簿記・原価計算がなかったり、財務諸表論には理論問題がガッツリあったりと形式はそれぞれ異なります。

日商簿記1級は難しい?働きながら半年で2級レベルから1級合格レベルまで到達するために必要なこと。工業簿記・原価計算が高得点のポイント。

また合格率10%と言ってもすでに簿記1級に合格している人が税理士試験に挑戦するケースも多いため、一概に同程度の難易度とは言えません。

簿記論は計算問題100%なのでとっつきやすいのですが、この試験の特徴として「全く時間が足りない」ということが挙げられます。

この記事では勤めながら簿記論合格を目指す人がどの様にこの試験を攻略するか、を考えたいと思います。

簿記論は時間が足りない

今年、簿記論を受験する同僚が「なんだこの糞ゲー時間が全く足りねー」と話していたのですが、私もこれには完全にagreeです。昨年合格はしたものの、問題すべてに手を付けるには全く時間が足りず、手を付けたのは6割程度、正答率としては4割程度でした。

合格ラインは100点満点中60点となっていますが、すべての問題が同じ配点と考えると私は完全に不合格ですので、日商簿記1級同様に合格率が10%程度になるように簡単な問題には高得点が与えられたり、難しい問題には配点がなかったり、という傾斜配点がとられているというのが税理士受験生の中では常識です。

つまり、みんなが解けるような簡単な問題は落としてはならず、逆に見たこともないような問題、計算に時間がかかるような問題には手を付けてはいけない、という本当に簿記の力を問うている試験なのか謎ですが、そういう試験なので仕方ありません。

ちなみにO原の会計専門学校にフルで通っている人は簿記論・財務諸表論は試験時間が余るそうです。これはほぼ毎日総合問題を解き、息を吐くように・吸うように問題パターンを頭と体で覚えて瞬時に解答できるレベルまで持っていくため、だと聞きました。

本来はこのレベルを目指すべきなのかもしれませんが、なにせ我々サラリーマンは時間がありません。総合問題を解く回数も、専門学校生に比べると、どうしても少なくなってしまうので、効率的に点数を拾える訓練をすべきです。敵を知り、弱点を効率的につけば社会人でも十分に戦えるレベルになるのは過去の諸先輩が証明してくれています。(ワイもな! 

 

簿記論の構成と特徴

簿記論の問題は全3問で構成されており、時間は120分です。第1問と第2問がいわゆる個別問題で第3問が総合問題となっています。

1問・第2問はさらに小問2つずつくらいに分かれており、近年ではちょっと迷うような仕訳問題や推定問題、リースの借手と貸手側それぞれの処理などの比較問題などが出題されたりと、簿記論の出題範囲のどこがどのような形式で出てくるかわかりません。

例えば「企業結合は不得意だから、勉強しないでおこう」、というスタンスをとっていて、実際に小問の1つとして出題されてしまうと丸々10~15点、大問として出されてしまうと25点を丸々落としてしまうことになり、挽回がかなり厳しい状態になります。

 

一方で各論点をそこまで深く完璧に理解する必要はないと考えています。というのも各論点の序盤数問は専門学校のテキストの基礎編で出てくるような、日商簿記で言うと2級レベルの問題で構成されていることが多いです。そして簡単な問題には高い配点が与えられていることが多いことを考えると、各小問の中盤以降は極端に言えば解かなくても合格点に達するのでは、少なくとも合格争いに参加できる、と考えています。

昨年(平成30年度試験)は第一問で小問が2つ、第二問で小問が3つ出題され、私が完答できたのは第二問の問2の社債のみで、第一問の問1の棚卸推定は5/9、問2の本支店会計は1/8問、第二問の問1割賦は5/6、問3のれんの減損は2/5でした。

受験したときは終わった…特に本支店会計が記号しか合ってないって…と絶望しましたが、結果的に合格しています。本支店会計は(1)こそ取るべき問題だったのですが、それ以外は別解があったり、Twitter上の意見も色々と分かれていたりと実際に少し解きづらかったようで、それに救われたのでしょう。

他の問題も完答できたものは社債のみで、残りは平均すると序盤の簡単な問題だけつまんで半分程度正解、という状況でした。これで充分かどうかはわかりませんが、少なくとも個別問題に関しては合格の当落上に登れる、ということになります。

 

私も普段は働いていますし、そこまで勉強時間が取れるわけではありませんが、第1問・第2問対策としてはとにかく穴をつくらない。各小問の(1)(2)は意地でも全部取る、4~5つの小問のうち1番得意な、あるいは簡単そうな問題1つを完答(最後の問題は捨てる場合も)する、ということを答練で心掛けていて、それがうまくいったときは点数もそこそこ付いてきたと記憶しています。

本番ではそれがうまくいった、ということになります。穴を作らない方法としては合格したときの記事の勉強方法に書いていますが、とにかく毎日基礎テキストを11冊通勤時間に眺めて、不安なところは会社の昼休みにデスクで軽く解いてみたりしていました。合計7周くらいはテキストを回したと思います。これだけテキストと触れ合えば、私のスカスカの脳みそでも「あれ?これってもしかして重要なやつ??」と勘違いしてくれて、本番の試験でも役立ちました。

得点が安定するのは第3

範囲のどこがどのような形式で出題されるか、フタを開けてみるまでわからない第1問、第2問と違って第3問はある程度出題形式が安定していて、大抵前期残高試算表(T/B)から決算処理をして当期末T/Bを作成する、というものになります。(BSPLの作成も出題されますがあまり大差ありません)

1・第2問は苦手な論点が連続して出題されるとどうしても得点が下がってしまうことに対して、第3問は問題形式が安定していて、解答する内容もある程度固定されているため、ある程度学習を進めると点数も安定させることが出来ます。

この第3問をどれだけコンスタントに得点できるか、というのが簿記論の攻略のカギだと私は考えています。もうこの時点ですでに3,000字ですが、第3問の攻略法、という大それたものではありませんが、1つの壁を超えるために私がやった方法を紹介しようと思います。

 

時間配分!時間配分!!時間配分!!!

冒頭にも記載しましたが簿記論は時間配分が命です。第1問・第2問を55分~60分で切り上げ、第3問に少なくとも60分を残してあげることにしていました。

また第3問は債権債務・有価証券・棚卸資産・固定資産・負債・純資産など各論点のチビ問題の集合体です。これらも全てに手をつけるレベルになるのはどうしても圧倒的練習量が必要になりますので、どこに何分かけるか、どこで切り上げるか、どこを捨てるか、ということを常に意識して数少ない答練に臨んでいました。

これは人それぞれで、その時の問題によってどうしても時間をピシッと区切るのは難しいのですが、私は素読み5(最初から最後までとりあえずペラペラ問題を見る)、絶対に解答すべき有形固定資産と有価証券にそれぞれ15分ずつ、負債や純資産で15分、債権債務で10分としていて、時間が余れば棚卸資産にも手をつける、という時間配分にしていました。(手を付ける問題、手を付けない問題については理由とともに次で見ていこうと思います)

試験によってこの時間は流動的だと先ほどお伝えしましたが、この時間を超えたら結構ヤバいかも?逆にこれより早く解けたら棚卸資産のBS勘定くらいは解けるかも?という目安として時間配分を使用していました。専門学校では各大問を20分、20分、60+見直し・解きなおしくらいの時間配分を薦められることもあるようですが、第3問の各論点の時間配分にもある程度時間の目安をもっておくことが重要だと考えています。 

 

総合問題 資産から解くか負債から解くか

微妙に流行ったのか流行らなかったのかわからない映画のタイトルみたいになりましたが、負債から解いてください。()

特に賞与引当金や退職給付引当金(間便法)が出題されている場合は5分で3~4点、あるいはそれ以上の点数を積み上げることができますので、慎重に確実に解き切り、心の中でこう思ってください。

 

「合格にめっちゃ近づいたやで…」

 

3問開始後早々に得点を積み上げることで心の落ち着きが出ますし、実際にこれらは落としてはいけない問題の1つです。

他にも負債項目だと社債が出された場合は分量が多くなければこの段階で手を付けていました。新株予約権付転換型社債の場合は、社債・新株予約権・社債利息・資本金など一気に複数箇所得点できる場合があるのですが、計算が複雑になるとドツボにハマることもままあります。個人的には固定資産と有価証券を落ち着いて片付けた後に解きたい問題です。 

 

固定資産・有価証券は絶対落とさない

負債の簡単な問題を解いた後は、固定資産か有価証券の問題に手を付けましょう。

これらの問題は複数の勘定科目に絡み、かつ他の受験生もとっつきやすい問題であるため落としてはいけない、というのが理由になります。ここは各15分程度ずつかけてゆっくり落ち着いて得点を重ねましょう。

固定資産は建物・機械装置・車両・土地・リース資産(リース負債)・ソフトウェア・資産除去債務(利息費用)・減価償却費・減価償却類型学・減損損失と下手をすると固定資産絡みだけで10点以上与えられることになります。

有価証券も有価証券(売買目的有価証券)・投資有価証券・関係会社株式・その他有価証券評価差額金・投資有価証券評価損・有価証券利息など、こちらも傾斜配点によって10点前後の配点になることがあります。

固定資産と有価証券をノーミスで切り抜けることが出来ればもう合格は目前でしょう。昨年の第3問はかなり難しかったようで、私も全く手ごたえはなかったのですが、固定資産と有価証券はなんとか食らいついて、減価償却費以外は正解することが出来ました。

日ごろの答練時から「何が出来なくても固定資産と有価証券だけは絶対正解する!!」という気概で答練に向き合っていました。

ここまで解ければ個人的にはかなり合格が近いと思っていて、あとは簡単な勘定科目を拾っていく作業をしていました。そう思うと負債のチョロ問と、固定資産・有価証券さえ歯を食いしばって切り抜ければあとは天国、という感覚で第3問に向き合っていました。

 

他に解く勘定は?解答に必要な記述が1か所に集まっている勘定を優先的に解く

他に解くべき勘定としては、債権債務の現金・売掛金・受取手形・貯蔵品・破産更生債権等・支払手形・買掛金・未払消費税・法人税・新株予約権・売上・為替予約・ヘッジ損益・圧縮記帳などが挙げられますが、その時の試験分量によってどこまで解けるかは変わってきます。

私は貯蔵品・破産更生債権・新株予約権絡み・為替予約・圧縮記帳・ヘッジ損益などを優先的に解いていました。貯蔵品は金庫の中身に関する記述と、棚卸資産の包装材料などに関する記述を拾うと解答、破産更生債権も債権債務の受取手形・売掛金に関する記述の部分を拾って解答できます。

その他の科目はサクッとは解けないこともありますが、複数の箇所から拾うというよりは1つの箇所にその勘定を解答するのに必要な記述が固まっていて、ドツボにハマることは少ないと思います。 

 

逆に解いてはいけない問題は

3問で手をつけてはいけない勘定科目もあります。まずは繰延税金資産・負債・法人税等調整額です。これらは完全に捨て問だと思ってください。「いや!解答できるし!」と思った方はたぶん余裕で合格できる方です。ギリギリ滑り込みセーフ合格を狙う我々は、税効果の絡むすべての問題を解き切ったあとの繰延税金資産・負債・法人税等調整額を解いている暇はありません。(解き切る能力がありません

次に貸倒引当金も個人的には完全にスルーしていました。というのも売掛金・受取手形は集計に少し時間がかかり、一般債権・貸倒懸念債権・破産更生債権ごとに引当を取る率も変わり、解けないことはありませんが時間がかかります。そのため時間の限られた簿記論の試験では解答優先度としては下がります。

ちなみにたまに割賦売掛金に関する引当金が絡んでくる場合がありますが、この場合は自信をもってスルーすべきです。

最後に賛否両論ありそうですが、私が解答をさける、というか優先度を下げるのが棚卸資産です。棚卸資産は売上原価・棚卸資産・販管費など複数勘定に絡むので手をつけても良さそうですが、ここ数年の問題を見ると結構な割合で「推定」が入っています。これが厄介で、なかなか時間を食う問題になってしまうため、私は解答優先度を下げて、手を付けてもBS勘定の棚卸資産のみの解答に留めています。

 

まとめ

長々と書きましたが、纏めると下記のとおりです。

簿記論第3問攻略まとめ
  1. 3問の各論点の時間配分も考慮する。
  2. 簡単な問題から解く。固定資産・有形固定資産を絶対に落とさない
  3. 手をつけてはいけない問題を決めておく

私は簿記1級を取得して時間を半年以上空けてから簿記論の勉強を始めて、働きながら3カ月程度で、合格まで持っていきました。勉強時間も答練を受けた回数も他の受験数より少なかったことは事実で、合格できたのはその数少ない答練の中で自分の信じた戦略を磨いた結果だと思っています。

簿記論は全部解けなくても良い試験です。上位10%にさえ入ればOKな試験で、上位10%に入るにはとにかく基礎問題を落とさないこと。基礎問題を落とさないためには簡単な論点だな、と思っていても反復して確実に落とさないよう体に叩き込むことが重要です。

 

Tchau!!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください