1日1つ家のモノを捨てて家が「ちょっとキレイ」に。片付け下手以上ミニマリスト未満。

こんにちは。すごい大きな台風が近づいているようで明日の出社は泣く泣く見送ろうと思っているところです。台風が来ると低気圧で少し頭もクラッとしますし、電車の本数も減りますし、いつもより会社に行きたくなくなるものです。私の会社は幸いにも台風が来たら「本当に無理するな!」という感じでみんないつもよりゆっくり出社したり、早めに帰ったりと割とまともな対応です。まぁ休めるのが最高なんですが、そこはまぁ勤め人の性というもんで…。

 

さて今日はお片づけの話です。自宅は休息の場所。仕事で疲れて帰ってきて家の中がとっちらかってたら、「ハァ~~~~」と大きなため息が出てしまいます。

私も結婚を機にこの家に引っ越してきてから1年以上経つのですが、最初こそシンプルでキレイだったのが、いつの間にかモノは増え、ご飯を食べたり、なにか作業や勉強をする際にはテーブルの上のものをいちいちどかさなければならず、ちょっと床にゴロンと寝転ぼうにもいろんなモノが散らばっててスペースがなく、ソファに逃げれば洗濯した衣類が…(怒)なんて状態でした。

まだまだ完璧とは全く言えませんが、2ヶ月ほど前から徐々に片づけを始め、片付けの本を参考にしながら、攻めと守りの片付け法を実践し、割とスッキリしてきました。攻めと守りの片付け法とはなんぞ、ということで紹介していきたいと思います。

 

(攻)場所ごとに攻める。悩んだら捨てる。

とっちらかった部屋を片付けよう!と思ってもどこから手をつけてよいか悩みますし、適当に手をつけてしまうと一生終わりません。一生です。そこでまずは「場所ごとに攻める」。

こちらは攻めの片付け、今の残念な状態をベターな状態にするものなのでパワーと時間が要ります。私は毎週土曜日の朝を攻め日としていました。1週間で一番気分がよく、一方でうかうかしているとダラダラしがちだからです。

具体的には場所を1箇所決めます。クローゼット、本棚、キッチンなど。ちょっと疲れているときや書類がいっぱいある引き出しなどは更に細分化し、とにかく1箇所片付ける場所を決めます。そして捨てまくる。クローゼットだと1年以上着ていない服は問答無用で捨てます。

「この服はそのうち着るかも…」という服や少し悩むモノ。捨てます。本当に捨ててしまって後悔するものだったら、そもそも悩みません。もし本当にやっぱり必要だった!ということであれば、その時に買えばいいと思って捨てました。

それを繰り返していると家の中の絶対的な物量が減ります。

 

(守)1日1つモノを捨てる。

ある程度家の中の各場所が片付いたら、次はそのキレイな状態をキープするために守りのお片づけです。「1日1つモノを捨てる」これは最近読んだ「思考と暮らしをシンプルに 人生を変えるモノ選びのルール」(著:堀口英剛氏)から得たアイデアなのです。攻めの片づけで一気にキレイにしても、いつの間にかモノは増えていきます。せっかくキレイにしても気を抜くとまた散らかった状態に戻ってしまいます。

(ちなみに今日も奥さんがAmazonで注文した本が2冊ほど届いて、帰ってきたら大きな山登り用のリュックを手にしていました。。。

そこで、なんでもいいので毎日なにか家の中のモノを捨てて出来るだけキレイな状態をキープします。

ここ1週間で捨てたものは以下のもの。今度からは写真にでも収めようかな、、と思いました。ビジネス本なんかは新しいものだとほぼ定価でメルカリで売れるので重宝しています。

 

電動剃刀、漬物入れ、ハンガー、折りたたみテーブル、読み終わった本、割れたマグネット、もらったけど使っていない引出物etc…

 

ちなみにタイトルにもしたのですが、これには理由があって、実はこちらの守りの片付けだけでも十分に効果があると思っているからです。片付けの時間がなかなか確保できなくても1日に1つないし2つ捨てるモノを探す時間はあると思います。それを毎日繰り返していけば、時間を取って片付けなくてもいつの間にか物量が減っていくはずです。もちろんモノが増えるペースは個人差がありますので、各々が自分のペースでモノを手放していけばいいのですが、継続することで、「なにか不要なモノはないかな…」と探す習慣が出来ますし、何より何かを継続することは自己肯定感につながります。小さなことからコツコツと、ですね。

 

家が片付いていると色々捗る!

家が片付いていると、作業を始める際にテーブルのモノをどかす作業が不要になったり、着る服を無理やり引っ張り出すことが不要になったり、掃除が楽になったりと、無駄な時間が減ります。また、モノが少ない空間だと集中力もupして作業や勉強にも身が入るようになりました。捗ります。

 

ちなみに最近家の中や身の回りの片付けに興味を持って、いろんな方のブログや書籍を読んでいました。世の中にはミニマリストと呼ばれる極限まで自分のモノを持たない方々がいらっしゃるようです。

中には全ての所有物がリュック1つで納まる方もいるそうで、大阪の天王寺動物園付近の生息しているホームレスの方々のほうがよっぽどモノ持ってるやんけ…とか思いましたが、これまた極端すぎるので私はあまり好みではありません。

「場所ごとに攻める」「1日1つモノを捨てる」この攻めと守りの片付け法を上手に使って快適で「ちょっとええ暮らし」に近づきましょう!今日はこのへんで!

 

Tchau!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください