暮らしのはなし

勉強時間を捻出するために会社の近くに住んだら思った以上にメリットがあったので挙げていく

冴えない勤め人にはお金もありませんが時間もありません。 朝早くに企業戦士たちの怨念がこもった満員電車に飛び乗り、1時間以上かけて出社し、1日最低8時間を拘束されて、時には終電近くまで残業して、また1時間かけて家に帰り、風…